テレアポ代行

テレアポは外部に委託するのがおすすめ

テレアポにはノウハウが必要

商品やサービスを売るために、電話による営業が効果的なことがあります。電話による営業は、電話で面会や訪問のアポイントを取ることから、テレアポと呼ばれています。テレアポは、地域に関係なく販路を広げたい場合や、急いで新規顧客を開拓したい場合などに向いている営業手段になります。テレアポでは、ターゲットに電話をかけて商品・サービスの説明をし、売り込むことになりますが、これは誰にでも簡単にできることではありません。電話では顔が見えませんから、テレアポでは声のトーンや話し方などで相手の気持ちを動かすという技術が必要になります。未経験のスタッフが電話するのと熟練したプロのスタッフが電話するのとでは、アポイントの獲得率に大きな差が出るのが通常です。テレアポができる人材を自社で育てるとなると時間もコストもかかりますから、テレアポは代行会社に依頼するのが賢い方法と言えます。

成果報酬型なら無駄なコストがかからない

営業代行の中でも、テレアポ代行はよく利用されている分野です。テレアポ代行を依頼すれば、自社では電話営業の手間をかけたり、スタッフを採用・教育したりすることなく、メイン業務に集中することができます。テレアポ代行では成果報酬型の業者が多いですが、成果報酬型なら成果が上がったときだけ費用を支払えば良いことになりますから、無駄なコストも発生しません。成果報酬型のテレアポ代行には、うまくいけば少ない費用で確実にアポイントを取ることができるというメリットがあります。また、テレアポ代行業者では、独自にリストを保有しており、リストを活用してコールできることもあります。そのため、自社でリストを用意しなくても、テレアポ代行が依頼できる場合もあります。なお、テレアポ代行業者は多数ありますが、それぞれの業者で得意分野があります。テレアポの効果を上げるためには、自社に合った代行業者を見つけることが大切です。




最近の投稿

カテゴリー