フランチャイズのビジネスとは

フランチャイズから思い浮かべるのは

フランチャイズという言葉を聞いて連想されるのは、まず2つの内容が候補に思い浮かぶでしょう。店舗経営の形態と、スポーツニュースをみていても登場する言葉ですね。だいたいフランチャイズに関してスポーツニュースで登場するなら、サッカーか野球に関してになります。つまりプロのサッカークラブや野球チームの本拠地についても、フランチャイズという言葉により表現されることがあります、だから一般的に会話の流れでフランチャイズと登場したら、この2つのどちらかと判断できます。ただサッカーや野球に関して以外の話題でフランチャイズが登場すれば、その場合ほとんど店舗経営の形態を意味することが自然でしょう。そのくらいフランチャイズという言葉は、一般的にも浸透しました。さらにフランチャイズで運営されるとなればコンビニをはじめ、飲食店など思い浮かび、チェーン店が多いイメージが特徴的です。きっと日常生活の範囲で、フランチャイズのお店を利用する機会は多いでしょう。

フランチャイズはビジネス用語

フランチャイズはコンビニや飲食店など、チェーン店が多い印象が伝わりますが、これはフランチャイズチェーンと称されます。どうしても一般的な日常生活の範囲にある店舗を思い浮かべるので、フランチャイズでもコンビニや飲食店に偏りがちですが、今は洋菓子店やレストランなど外食産業に関して、多岐にわたる印象が強くあります。さらにカー用品や写真のショップ、学習塾なども日常範囲で探せます。だからフランチャイズチェーンで運営されるのはコンビニや外食産業系に限らず、多種多様な業種により展開されるのが伝わりますね。さらに今後もフランチャイズは拡大すると、ビジネスシーンではみられるそうです。だからフランチャイズビジネスとして市場が成立すると考えられるようになり、フランチャイズは産業として日本においてジャンルを確立したのでしょう。そういえば日々のお買い物やサービスを利用する大半は、フランチャイズビジネスに関係すると気づくのでは?

フランチャイズの特徴

フランチャイズにより経営されるチェーン店を思い浮かべると、ある特徴に誰しもが気づくでしょう。同じ看板が掲げられるので、それを目印に無意識でも探す習性になるのでは?さらにフランチャイズであれば店内の内装や、飲食店なら席の雰囲気まで似通っています。またメニューに関しても、フランチャイズチェーンの店に入ればだいたい同じ料理が注文できるので、同じ味を期待できます。もしフランチャイズのコンビニであれば、だいたい同じ商品が並びます。しかもコンビニであれば、ほとんどの店舗において商品の陳列についても共通点がみられます。だから地元でなく遠出した先で場所が違ったとしても、フランチャイズのチェーン店を探せば、だいたい望む商品やメニューを提供してもらえます。だから消費者の安心感につながり、フランチャイズチェーンなら選びやすい条件です。つまりフランチャイズチェーンに加盟することで、その企業より各店舗に特権を与えられ、そのままビジネスとして展開できます。

フランチャイズの特権

フランチャイズとは日本全国、どの土地に旅しても同じようなサービス提供を期待できます。でも消費者としては知らない土地にきたのだから、その土地独特の何かしらを体験したい思いがあります。しかし、そればっかりが続くと疲れてしまい、無意識ながら定番を求める心理が働きます。例えば旅行先では、その土地ならではのレストランに入って食事を楽しんでも、宿泊先で何かつまむならとフランチャイズチェーンのコンビニにより、いつものお菓子や飲み物など買い求めるといった選択肢の広がりに、消費者の立場であれば有効活用できます。この定番を提供できるのがフランチャイズチェーンの強みと考えられ、ビジネスにおけるシステムやノウハウをパッケージして、そのまま特権として経営スタイルに取り入れられます。もし将来的にお店をもちたいと夢を思い描くなら、フランチャイズチェーンという選択肢があるのは、ビジネス初心者にとって魅力的な条件に考えられるでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




最近の投稿

カテゴリー