投稿者: voltairestudio

フランチャイズ塾のメリット

安定したビジネス

近年は、個人で開業するよりも、フランチャイズ経営で学習塾を開業する人が増えていますね。

では、個人で開業する場合と、フランチャイズによる経営ではどのような違いがあるのでしょうか。

個人で学習塾を開業する場合、塾としての知名度が薄く、開業してて生徒募集しても、他の有名な学習塾のほうに、生徒が流れる可能性が非常に高くなります。

その点、生徒募集の段階で不利になることもあります。

とくに、個人で学習塾を開業する場所の近くに、有名な学習塾がある場合は、不利になる可能性が高くなりますので、立地条件にも十分注意を払う必要があります。

塾のフランチャイズは、生徒が集まりやすく、安定したビジネスが実現できる可能性が高いのです。

事業者本部との関係

個人で学習塾を開業する場合は、指導方針などはすべて経営者の判断に委ねられます。

フランチャイズで塾を経営する場合は、事業者本部の経営方針や指導などの方針に従い、マニュアルに沿った形で対応することになります。

もちろん、学習塾を経営する人は、オーナーであり、責任者ですが、事業者本部の存在があってこそ経営が成り立つものです。

ただし、学習塾の経営自体は、独立したものとなります。ほとんどのフランチャイズの塾で、未経験者歓迎となっているようです。

資本金少ないフランチャイズ

フランチャイズの融資

フランチャイズを始めるなら後々は融資の話も出るでしょうから聞いてください。

巷で融資を募ると金利を取られ得るのは当たり前ですね、そして低金利で貸してくれるのはそれだけの返済力があると見なされる方だけです。返済が怪しければ金利が高めで、下手すると融資そのものが断られることもしばしばでしょう。フランチャイズ失敗しない為に、加盟金0がありますが、これはそもそもフランチャイズとして成り立っていないのではありませんか。それでも加盟させるだけのメリットが本部に無ければ加盟金0では本部の運営費用さえもままなりません。

さらに加盟してから何かと出費がかさむことが多いのもこのスタイルですから、安く上げたいのなら、タダより高いものはない、と言い聞かせることですね。

ロイヤリティーはどうなのか

あなたが月に100万円稼いだと喜んでいたとしても、ロイヤリティーが売り上げの15%も取られたら85万円になってしまいます。

しかしこれが最初の契約なら致し方ないとしても、金額が増すほどに膨れ上がるロイヤリティーへの本部フォローはされているのでしょうか。そもそもロイヤリティー欲しさに加盟金0と言うところもあって、ロイヤリティーと加盟金は一蓮托生になっているのです。また退会時に返却されるのかも調べておく必要はあります。

加盟金にも様々あってフランチャイズ加盟は結局のところ成功へのシナリオを差し出す代わりに、確実に本部が儲かるようになっているのが概ねですから気を付けたいですね。

FC事業の仕組み

FC事業は、どのような仕組みで経営が成り立っているのでしょうか。

一般的に、FC事業が展開されるには、FC事業の本部だけが存在していても、成り立つものではありません。FC事業本部とともに、FC事業を展開する店舗の存在があり、この二者間の関係がスムーズでいるからこそ、健全な経営が成り立っているのです。

FC事業は、アメリカで発祥された商売の方式であり、事業者本部のことをフランチャイザーと呼び、FC事業に関するノウハウを提供してもらう店舗を経営するオーナー、またはその店舗のことをフランチャイジーと呼び、「加盟店」という意味

権利と義務の発生

FC事業を展開するオーナーになるには、FC事業本部と契約を交わす必要があります。

事業に関する契約を結んだ時点において、双方ともに権利と義務が発生することになります。事業本部における義務は、加盟店であるオーナーに対して、店舗が健全にスムーズに始業展開されるように、全面的なサポートを行うことです。そして、加盟店となるオーナーは、事業本部に対して、契約時にとり決めされた加盟金やロイヤルティーなどの金額を支払う義務が生じることになります。

加盟店は、直営店とは異なる事業体質を持ち、FC事業本部とは別の事業者とみなされます。

以前は安定した売上が見込めるコンビニフランチャイズが人気でしたが、最近では在庫を抱える必要がない買取りフランチャイズが人気です。
買取りフランチャイズ大手の「おたからや」では

  1. 成長業界
  2. 低資金で開業
  3. 在庫リスクなし
  4. 高収益ビジネス
  5. 未経験者OK
  6. 圧倒的集客力

この6つのメリットから都内を中心に加盟店数が増加しています。

 

 

独立したい希望を実現

自力での開業よりも効率的に経営をマスターできる

他への従属から離れて独り立ちすることを熱望している方は多いかもしれません。

それを実行に移すかどうかは人それぞれ。事情があって独立する夢を実現させたいと日々奮闘している方にとっては、企業への宮仕えは苦しみだけの毎日かもしれませんね。

会社に勤めている今の経験を活かしながらも独立を目指すには、貯金も必要。何を始めるにも元手は必要なのです。あなたが始めたい事業は何ですか?

飲食業、サービス業、小売業と色々あります。

どの業態にもフランチャイズ展開している企業があります。加盟のメリットやデメリットを考えた上で契約を視野に入れた独立プランを立てるのもよいかもしれません。

一国一城の主

私たちの身の周りでフランチャイズ展開している企業は数多くあります。居酒屋、ラーメン、学習塾、自動車関連、衛生やクリーンなど数え上げたらキリがありません。

それだけニーズもあり、この不況にも勝利しているということですね。サラリーマン生活に見切りをつけて独立を目指す方々には、興味深い開業の方法でしょう。

フランチャイズ加盟店は本部とは別の事業者として独立した経営体になります。あくまでも自営業者なのですから、主体性を持った経営を行う必要が出てきます。ブランド力を利用してあなただけの経営も可能ということになりますね。

フランチャイズのビジネスとは

フランチャイズから思い浮かべるのは

フランチャイズという言葉を聞いて連想されるのは、まず2つの内容が候補に思い浮かぶでしょう。店舗経営の形態と、スポーツニュースをみていても登場する言葉ですね。だいたいフランチャイズに関してスポーツニュースで登場するなら、サッカーか野球に関してになります。つまりプロのサッカークラブや野球チームの本拠地についても、フランチャイズという言葉により表現されることがあります、だから一般的に会話の流れでフランチャイズと登場したら、この2つのどちらかと判断できます。ただサッカーや野球に関して以外の話題でフランチャイズが登場すれば、その場合ほとんど店舗経営の形態を意味することが自然でしょう。そのくらいフランチャイズという言葉は、一般的にも浸透しました。さらにフランチャイズで運営されるとなればコンビニをはじめ、飲食店など思い浮かび、チェーン店が多いイメージが特徴的です。きっと日常生活の範囲で、フランチャイズのお店を利用する機会は多いでしょう。

フランチャイズはビジネス用語

フランチャイズはコンビニや飲食店など、チェーン店が多い印象が伝わりますが、これはフランチャイズチェーンと称されます。どうしても一般的な日常生活の範囲にある店舗を思い浮かべるので、フランチャイズでもコンビニや飲食店に偏りがちですが、今は洋菓子店やレストランなど外食産業に関して、多岐にわたる印象が強くあります。さらにカー用品や写真のショップ、学習塾なども日常範囲で探せます。だからフランチャイズチェーンで運営されるのはコンビニや外食産業系に限らず、多種多様な業種により展開されるのが伝わりますね。さらに今後もフランチャイズは拡大すると、ビジネスシーンではみられるそうです。だからフランチャイズビジネスとして市場が成立すると考えられるようになり、フランチャイズは産業として日本においてジャンルを確立したのでしょう。そういえば日々のお買い物やサービスを利用する大半は、フランチャイズビジネスに関係すると気づくのでは?

フランチャイズの特徴

フランチャイズにより経営されるチェーン店を思い浮かべると、ある特徴に誰しもが気づくでしょう。同じ看板が掲げられるので、それを目印に無意識でも探す習性になるのでは?さらにフランチャイズであれば店内の内装や、飲食店なら席の雰囲気まで似通っています。またメニューに関しても、フランチャイズチェーンの店に入ればだいたい同じ料理が注文できるので、同じ味を期待できます。もしフランチャイズのコンビニであれば、だいたい同じ商品が並びます。しかもコンビニであれば、ほとんどの店舗において商品の陳列についても共通点がみられます。だから地元でなく遠出した先で場所が違ったとしても、フランチャイズのチェーン店を探せば、だいたい望む商品やメニューを提供してもらえます。だから消費者の安心感につながり、フランチャイズチェーンなら選びやすい条件です。つまりフランチャイズチェーンに加盟することで、その企業より各店舗に特権を与えられ、そのままビジネスとして展開できます。

フランチャイズの特権

フランチャイズとは日本全国、どの土地に旅しても同じようなサービス提供を期待できます。でも消費者としては知らない土地にきたのだから、その土地独特の何かしらを体験したい思いがあります。しかし、そればっかりが続くと疲れてしまい、無意識ながら定番を求める心理が働きます。例えば旅行先では、その土地ならではのレストランに入って食事を楽しんでも、宿泊先で何かつまむならとフランチャイズチェーンのコンビニにより、いつものお菓子や飲み物など買い求めるといった選択肢の広がりに、消費者の立場であれば有効活用できます。この定番を提供できるのがフランチャイズチェーンの強みと考えられ、ビジネスにおけるシステムやノウハウをパッケージして、そのまま特権として経営スタイルに取り入れられます。もし将来的にお店をもちたいと夢を思い描くなら、フランチャイズチェーンという選択肢があるのは、ビジネス初心者にとって魅力的な条件に考えられるでしょう!

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén