資本金少ないフランチャイズ

フランチャイズの融資

フランチャイズを始めるなら後々は融資の話も出るでしょうから聞いてください。

巷で融資を募ると金利を取られ得るのは当たり前ですね、そして低金利で貸してくれるのはそれだけの返済力があると見なされる方だけです。返済が怪しければ金利が高めで、下手すると融資そのものが断られることもしばしばでしょう。フランチャイズ失敗しない為に、加盟金0がありますが、これはそもそもフランチャイズとして成り立っていないのではありませんか。それでも加盟させるだけのメリットが本部に無ければ加盟金0では本部の運営費用さえもままなりません。

さらに加盟してから何かと出費がかさむことが多いのもこのスタイルですから、安く上げたいのなら、タダより高いものはない、と言い聞かせることですね。

ロイヤリティーはどうなのか

あなたが月に100万円稼いだと喜んでいたとしても、ロイヤリティーが売り上げの15%も取られたら85万円になってしまいます。

しかしこれが最初の契約なら致し方ないとしても、金額が増すほどに膨れ上がるロイヤリティーへの本部フォローはされているのでしょうか。そもそもロイヤリティー欲しさに加盟金0と言うところもあって、ロイヤリティーと加盟金は一蓮托生になっているのです。また退会時に返却されるのかも調べておく必要はあります。

加盟金にも様々あってフランチャイズ加盟は結局のところ成功へのシナリオを差し出す代わりに、確実に本部が儲かるようになっているのが概ねですから気を付けたいですね。

FC事業の仕組み

FC事業は、どのような仕組みで経営が成り立っているのでしょうか。

一般的に、FC事業が展開されるには、FC事業の本部だけが存在していても、成り立つものではありません。FC事業本部とともに、FC事業を展開する店舗の存在があり、この二者間の関係がスムーズでいるからこそ、健全な経営が成り立っているのです。

FC事業は、アメリカで発祥された商売の方式であり、事業者本部のことをフランチャイザーと呼び、FC事業に関するノウハウを提供してもらう店舗を経営するオーナー、またはその店舗のことをフランチャイジーと呼び、「加盟店」という意味

権利と義務の発生

FC事業を展開するオーナーになるには、FC事業本部と契約を交わす必要があります。

事業に関する契約を結んだ時点において、双方ともに権利と義務が発生することになります。事業本部における義務は、加盟店であるオーナーに対して、店舗が健全にスムーズに始業展開されるように、全面的なサポートを行うことです。そして、加盟店となるオーナーは、事業本部に対して、契約時にとり決めされた加盟金やロイヤルティーなどの金額を支払う義務が生じることになります。

加盟店は、直営店とは異なる事業体質を持ち、FC事業本部とは別の事業者とみなされます。

以前は安定した売上が見込めるコンビニフランチャイズが人気でしたが、最近では在庫を抱える必要がない買取りフランチャイズが人気です。
買取りフランチャイズ大手の「おたからや」では

  1. 成長業界
  2. 低資金で開業
  3. 在庫リスクなし
  4. 高収益ビジネス
  5. 未経験者OK
  6. 圧倒的集客力

この6つのメリットから都内を中心に加盟店数が増加しています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




最近の投稿

カテゴリー